転職用の履歴書の書き方






履歴書の書き方【概要】

履歴書の用紙
履歴書の書式、様式には色々な種類があります。
転職用の履歴書フォーマットとしては、職務履歴の記入欄が大きいフォーマットを選びましょう。
転職用の履歴書用紙の雛形を無料でダウンロード(pdfファイル)できるサイトがありますので、ダウンロードした履歴書フォーマットを印刷して使用する方法もあります。

例文・サンプルの使用
転職の履歴書はアルバイトや就職のための履歴書とは書き方が全く違います。
志望動機の書き方がわからない場合は、例文やサンプルを参考にするとよいでしょう。
ただしあくまでも例文やサンプルは見本ですので、そのまま使うのはやめましょう。
人事担当者に、すぐに見抜かれてしまいます。

転職用履歴書の志望動機の書き方

履歴書の送り方
履歴書の送り方ですが、添え状、送付状と一緒に郵送します。
値段は高くなりますが、茶封筒よりは無地の白い封筒を選びましょう。
履歴書を買うとついてくる小さな封筒ではなく、履歴書を折らずに入れられる封筒のほうがよいです。
添え状、送付状についてはテンプレートが色々公開されているのでそのまま利用すればよいです。
封筒に書く宛名は、担当者宛ならば「様」、部署宛ならば「御中」と書きます。
一般の封筒を使用する場合は、封筒に「履歴書在中」と朱書きするのを忘れないようにしましょう。
履歴書を送付する際にカバーレターを添えるのも効果的です。

職務履歴
履歴書には職務履歴を記入する欄がありますが、職務履歴書を別に用意する方法もあります。
職歴には派遣の経歴も記入します。バイト、パートの経歴はよほどアピールしたいことがなければ記入しなくてよいです。
退職理由も記入しますが、後ろ向きな理由で退職したとしても前向きな理由を記入しましょう。
空白の期間がある場合は、説明できるように準備しておきましょう。
職務履歴書をワープロの電子データで作成しておけば使いまわしができます。
職務経歴は、自己PRに一番重要な書類ですから、全力を尽くしましょう。

履歴書の職歴の書き方

写真
履歴書に貼る写真にスピード写真を使用するのはやめましょう。写真店できちんと撮って写真を貼りましょう。

履歴書の写真はどうすればいい?

特技・趣味
履歴書には特技・趣味を記入する欄がありますが、よほどの特技・趣味でなければ記入しないほうがよいです。
転職先の人事担当者が見て、役に立つような特技・趣味でなければ意味がありません。

学歴
履歴書に記入する学歴は、大学の学部・学科まできちんと記入します。
入学、卒業年度の年号は年表の早見表を使って誤りのないようにしましょう。

長所・短所
履歴書には長所と短所を記入する欄がありますが、短所の記入は注意が必要です。短所といいながら実は長所、とアピールできるものがベストです。
自分の性格はなかなかわかりにくいので、他の人に聞いてみましょう。

資格
履歴書の資格記入欄は、持っている資格をすべて記入する必要はありません。
アピールしたい資格だけを記入しましょう。英検5級と書いても何の意味もありません。
応募する職種によって記入する内容は違ってきます。
金融、メーカー、エンジニア、サービス、事務、エステティシャン、幼稚園、教諭、看護師・・・

ダメな履歴書の自己PRとは?

賞罰
履歴書の賞罰欄の「賞」については、自己アピールになるものがあれば記入すればよいです。
ただし、賞罰欄の「罰」については、もし懲役刑を受けたことがあれば、記入しておきましょう。後で発覚した場合、懲戒解雇の十分な理由になります。

全体的なことですが、履歴書に書く文字にも気をつけましょう。

転職用履歴書を殴り書きするなんてもってのほかです。

手書きの履歴書をコピーするのもやめたほうが無難です。

もちろん誤字・脱字のある転職用の履歴書を提出するのも厳禁です。書き終えた履歴書は穴があくまで読み返しましょう。

退職を切り出すタイミング

転職を考えている方は、現在の職場にいつ退職の意思を表明するかも考えながら行動する必要があります。

転職先から内定通知を受け取るまでは、転職活動をしていることを周囲に知られないように注意してください。

平日に面接を受ける必要がある場合もあると思いますが、悟られないように年休や半休などを上手く利用してください。

民法上は、「退職の意思表示から2週間を経過すればいつでも退職できる」ことにはなっていますが、きちんと引継ぎをして円満退社するには、1ヶ月前くらいに直属の上司に退職の意思を直接口頭で伝えてから、退職届を提出するのが望ましいです。

この際に注意すべき点は、転職の相談ではなく、退職の意思が決まったことを報告するということです。

退職日を上司に告げて、退職届にも退職日をきちんと記入しましょう。

また、「退職願」と「退職届」は、別物ですので「退職届」を提出してください。

ちなみに「辞表」は、取締役などの役員が提出するものですので、一般社員の方は間違えないように注意してください。

円満退社をして、すっきりと転職先に出社できるように頑張りましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。